映画「かぐや姫の物語」

昨日映画「かぐや姫の物語」を観てきました。

散々CMなどで…
昨日映画「かぐや姫の物語」を観てきました。

散々CMなどで紹介されているのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、
やはり絵が日本らしくて美しかったです。

ただ多大な期待感を持って行くのはお勧めしません。
ホントに物語は「竹取物語」です。
(多少高畑さんの解釈が入っていますが)
飽く迄も美しい映像と演出、
アニメーション自体を観ることが良いかと思います。

そういえば一般の知られているかぐや姫は月に帰ってお終いですが、
ワタクシの記憶違いでなければ続きめいたものがあった気がします。

帰り際、帝にと不老長寿の薬を帝の家来へ渡します。
恋しいかぐや姫がいないこの世で長生きしても仕方がないということで
家来に命じて月に一番近い山(=日本一高い山)で燃やして灰にしてしまいます。
それが富士(不二)山となったとか。

この物語は浦島太郎同様謎が多いですよね。
何故月へ帰るのか、何故竹から生まれたのか。
諸説ありますが、「竹」も「月」も神聖なものであったことは確かです。
急成長する竹は驚きですし、日本は昔太陰暦を使っていたということでも
その満ち欠けに驚きを持って接していたのだろうと思います。

それから余談。
映画中のかぐや姫を迎えに来る際の管弦がちょっと変…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

marietta

Author:marietta
AQUA SPRINGSブログへようこそ!
このページはピアノ&音楽講師でありラストーンセラピスト&アロマセラピストでもあるワタクシ目の様々ことを書き込んでいます。
ピアノや音楽教室、セラピーの施術のお申し込みはリンクのAQUA SPRINGSからお願いします♪

最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント