歌「だるまさん」

daruma_mizukisigeru.jpg
なぜ今回このタイトルかと申しますと…
先ほど派手~に転びました
しかも…
daruma_mizukisigeru.jpg
なぜ今回このタイトルかと申しますと…
先ほど派手~に転びました
しかも国道16号交差点で
されたくもない注目度は高かったと思います

久々に子供の様な転び方をしましたが、
最近のアスファルトは目が細かいのかついた手には擦り傷なし。
痛いのは痛かったのですが「おお」と妙に感動してしましました。
…ただし2時間後に足の違和感…
こっちはGパンを履いていたのに何故か擦り傷。
血は出ませんでしたが。

そこで思い出したのが本題の「だるまさん」
        
だるまさん 作詞・作曲 小山章三

ころんだ おきた だるまさん
ころんだとおもったら またおきた
        
人間転んだら起きなければなりません。
人生もそうかなと思うと深い歌です。

ところでこの「だるまさん」、
当然縁起物のだるまさんを指しているのですが、
由来を御存知でしょうか?

禅宗の開祖とされている「達磨大師」のこと。
小さい頃に何かの理由で手足を失ったということは聞いていました。
本当かどうかは定かではないですが、
9年壁に向かって禅を組むうちに手足が腐ってしまったという伝説からのようです。
また南インドの王子として生まれたなどという記述もあるようですが、
詳しくは分からないと言ったところでしょうか。
とにかく禅を組んでいる姿から縁起物として作られたのでしょう。

「転んでもまた起きる」というのは
起き上がり小法師(こぼし)」と混同されたもののようです。

また「達磨」というと宮本武蔵を思い出します。
彼の水墨画が岡山の美術館に所蔵されています。
いつか見に行きたいと思っています。

それにしてもようやく先月に打った内側の踝が治ってきたというのに…
来月のコンサート直前は要注意です

追記;上記の写真は水木しげる先生の妖怪ロードのダルマだそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

marietta

Author:marietta
AQUA SPRINGSブログへようこそ!
このページはピアノ&音楽講師でありラストーンセラピスト&アロマセラピストでもあるワタクシ目の様々ことを書き込んでいます。
ピアノや音楽教室、セラピーの施術のお申し込みはリンクのAQUA SPRINGSからお願いします♪

最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント