シュルレアリスム展

130818_0858~01
昨日シュルレアリスム展へ行ってきました。
その名の通り…
130818_0858~01
昨日シュルレアリスム展へ行ってきました。
その名の通り、シュールと言った方がいいかもしれません。
日本語訳では超現実主義などと言われています

マン・レイ、マルセル・デュシャン、ルネ・マグリット、ジョアン・ミロ、
マックス・エルンスト、ピカソ、ダリなど様々な芸術家が挙げられますが、
ワタクシはこうした彼らと交流があった作曲家エリック・サティを思い出します。

実際にバレエ音楽「本日休演」のスケッチも展示されていました。
(ポストカードがなかったのは残念)

ワタクシはやはり「腐ってもゲイジュツカの端くれ」のようで(笑)、
こういった作品も「面白い」と思ってしまいますが、
正統派がお好きな方は嫌悪感さえ沸くかもしれません。
…たまにエグイですし…

ただ音楽でもそうですが、
「芸術とは何ぞやそんな固定観念で縛られていいのかい」と問いていて、
それらを本来頭が柔らかくなければならない人たちの観点のみで批評することへの
風刺だと感じています。
(ちょっと最近ワタクシも同じようなことで論争する場面が…
詳しくはここでは離せませんが)
そしてその固定観念を押し付けるのはファシストですね。
(「これが近年の主流だよ~」と言うのはOKだと思いますが)

そういったことでちょっと考えさせられました。

そうそう昨日はそのまま友人と飲みに行って酔っぱらっていたので、
音楽は拾って帰らずに済みました
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

marietta

Author:marietta
AQUA SPRINGSブログへようこそ!
このページはピアノ&音楽講師でありラストーンセラピスト&アロマセラピストでもあるワタクシ目の様々ことを書き込んでいます。
ピアノや音楽教室、セラピーの施術のお申し込みはリンクのAQUA SPRINGSからお願いします♪

最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント