映画と音楽

昨日「真夏の方程式」を見に行きました。

そこで映画と音楽と範囲が広いテーマですが…
昨日「真夏の方程式」を見に行きました。

そこで映画と音楽と範囲が広いテーマですが
たまたま昨日ジブリの特集もTVで放映していましたし、
今度のコンサートでも久石譲さんの作品を弾くもので
敢えて取り上げ考察してみました。

テレビドラマでもそうですが、
まず1番組につき1曲はテーマとなる曲があります。
その内容を反映するような印象深い曲を作るのは
とても大変なことだと思います。

過去の映画では既存の曲を使われることも多かったですね。
例えばホルスト惑星
特に「木星」は様々な映画で使われていました。
(個人的には「火星」が好き)

またマーラー交響曲もよく使われます
「特に」は、やはり第5番の第4楽章「アダージェット」でしょうか
(「ベニスに死す」がいいですねぇ~)

しかし近年の映画はあまりテーマ曲としては使われません。
新しい音楽を作り出すというのはそれはまたいいですよね。
一部の有名な方たちをピックアップしてみました。

ジョン・ウィリアムズ;「スター・ウォーズ」「インディ・ジョーンズ」「ハリー・ポッター」etc.
ハンス・ジマー;「ハンニバル」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「カンフー・パンダ」etc.
ニーノ・ロータ;「ゴッド・ファーザー」「ロミオとジュリエット」「太陽がいっぱい」etc.
久石譲;「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「菊次郎の夏」「風立ちぬ」etc.

日本人の作曲家の方たちは他の仕事も多数しているため
あまり映画作曲家というのには…です。
(とはいっても外国の方々ももちろん、他の仕事をしています)

ただやはり映画音楽=有名な作曲家との図式がある気がするので、
新人さんにも仕事を挙げて欲しいと思うのは
自分も音楽の道を進んでいるからでしょうか

そしてピアノ弾きさん向けの楽譜も
映画が公開されると(公開前のこともあり)すぐに出版されるので
是非ともチャレンジをしてみては。
ほとんどが初心者向けなので弾きやすいですよ。
(もちろん、ワタクシの教室でもレッスンします)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

marietta

Author:marietta
AQUA SPRINGSブログへようこそ!
このページはピアノ&音楽講師でありラストーンセラピスト&アロマセラピストでもあるワタクシ目の様々ことを書き込んでいます。
ピアノや音楽教室、セラピーの施術のお申し込みはリンクのAQUA SPRINGSからお願いします♪

最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント