最後のハリー・ポッター

観てきました最後のハリー・ポッター
今回は…

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
観てきました最後のハリー・ポッター
今回は有楽町まで行ってきました
というのも、一番近い映画館では3DやIMAXで上映されているためです

IMAXは以前経験しましたが、ワタクシ音楽家の耳にはうるさすぎてNG
3Dにする意味もあまり理解できないので、「普通」に上映しているところを探した結果こうなりました
(ホントはついでにムーミンプレミアムショップへ行くためでもあったのですが)

ここからはちょっとネタばれがあるので、これから観る方は注意
まず今回は一番感動しました
原作者のJ.K.ローリングさんはイギリスに独自の物語がないこと+子供たちに聞かせるため作ったと
聞いた覚えがありますが、正しく子供に様々なことを教えるために作った物語ということを
改めて認識させられるラストでした

同じように「イギリスに神話を」と指輪物語(=ロード・オブ・ザ・リング)を作ったトールキンとは
ある面では共通するものの、ローリングさんが母親ということを強く感じさせられました

…因みにアーサー王物語(=円卓の騎士物語)をイギリスのものと思っている方も
大勢いるとは思いますが、実はフランス由来の物語です。

作品は長きにわたって映画化されましたので、出演者もずいぶんと大人になりました
ハーマイオニー役のエマは綺麗になりましたね
また最後はあのネビルくんが「やるじゃない」という感じで彼が仲間とはと認識させられましたよ

更に大人が見てもいいかもと思うのは、ハリーを支える大人たちですね
マッカーサーの「老兵は死なず、ただ消えるのみ」という言葉を思い出しました
(映画では死んでしまう人物も多いのですが、スピリットは残るという意味で)

まだいろいろと思うことはあるのですが、この辺で。
…最後にハリーと話をする子役の男の子は可愛かったなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

marietta

Author:marietta
AQUA SPRINGSブログへようこそ!
このページはピアノ&音楽講師でありラストーンセラピスト&アロマセラピストでもあるワタクシ目の様々ことを書き込んでいます。
ピアノや音楽教室、セラピーの施術のお申し込みはリンクのAQUA SPRINGSからお願いします♪

最近の記事
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のコメント